Language:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
場所:ホーム > グリーンを承諾す
‘中国に基礎を置いて、グリーンを承諾する’ 概要

    ‘中国に基礎を置いて、グリーンを承諾する’マークの解釈
    1.マークは、紙三枚で木の形を造るこによって、二つの効果を生じる。それは、‘林―パルプー紙’一体化の業界特性を表している。
    2.小さい角の捲り上げは、マークの興味性を増やすだけではなく、APPがグリーン製紙の新しいページを捲り揚げることも意味する。
    3.マーク全体が、‘消印’又は‘公印’のように見え、我達の厳かな承諾を表す。

   紙は、中華文明伝承と経済発展推進のため重要なキャリヤーです。教室から会議室まで、わが製品は、知識共有及び人々の相互協力のためサポートを提供しています。これは、中国文明と発展過程にとって、きわめて重要な効果を発揮します。従って、APP中国が、重い責任を感じて、中国の環境保護と社会発展に力を貢献するよう、全ての業務活動がきちんと科学的に合理的に管理されていることを確保しなければなりません。
    中国が設定した経済の持続可能な発展と社会の調和発展という社会経済発展目標に対しては、APP中国が積極的にを支援しています。会社政策でも実務でも、全ての活動が中国関連法律法規で定めたスタンダードと合致するように努めています。このような長期承諾に基づいて、環境と社会の担当責任にも基づいて、私達がこの‘中国に基礎を置いて、グリーンを承諾する’ 宣言を起草しました。
目下、わが国では、一人当たりの紙消費量が50キログラムで、ほとんどの先進国より、比較的に低いです。でも、中国の消費者主導型経済の迅速な発展で、2000年から2006年まで、紙製品の消費量が、84.61%をアップしました。中国発展ペースが絶えずに拡大すると共に、2010年まで全国範囲内の紙年間需要量が8500万トンとなる見込みです。まもなくそれから、13億人ある中国で紙製品の消費速度が、きっと年間消費量の一人当たり300キログラムであるアメリカに追いつけるでしょう。[1]
    長期以来、中国の製紙業が、高エネルギー消費量、高汚染の産業だと思われています。2007年、中国製紙業の廃水排出量とCOD(化学的酸素要求量[2])排出量が、それぞれ全国工業汚水排出総量とCOD排出量の17%と35.2% [3]を占めます。中国と世界の環境が環境と経済よりデュアル挑戦を応対できることを確保するため、中国製紙業は、皆で協力して、より責任感ある企業経営行為と長期の科学的な林紙実践にて、中国製紙業の持続可能な発展を確保する必要があります。
    APP中国全員が、積極的に環境保護と持続可能な発展の取組みに参与して、‘中国に基礎を置いて、グリーンを承諾する’宣言の承諾事項を徹底的に執行します。APP中国のマネジメント及び28000名従業員は、中国グリーン製紙業の提唱者と実践者になる!ということを厳粛に承諾します。同時に中国各級政府と中国人民と助け合って、持続可能な発展ある未来を造るように努力することを承諾します。絶えず増加する紙類の需要を満足しながら、中国経済の持続可能な発展を支援する同時に、中国がより優れる自然環境を持つことを確保します。

    [1]拠り所:中国製紙協会2007報告
    [2] 化学的酸素要求量とは、間接的に地表水(例えば、湖や河流)の中の有機化合物と有機汚染物の含有量を評価する指標である。
    [3]拠り所:中国製紙協会2007報告

 
  SU-ICP-05031677  
Copyright ® 1996-2011 Gold Huasheng Paper (SuZhou Industrial Park) CO.,Ltd Inc. All rights reserved.