Language:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
場所:ホーム > シナールマスグループ

シナールマスグループの紹介

  シナールマスグループは、インドネシアでよく知られている中国人である黄奕聡様が1962年に創立され、すでに数百社の法人会社を有し、社員数が約15万人、資産が200億ドル以上となっています。世界有数の経済誌である<フォーブス>にインドネシア最大の金融グループに選ばれました。
  シナールマスグループは、遠くアジア、北米、ヨーロッパ、オーストラリアなどまで投資して、すでに紙パルプ産業、金融業、農業及び食品加工業、不動産業の四大コア産業と形成しています。1992年中国で投資するようになりました。
  1.紙パルプ産業については、アジア紙パルプ株式会社(Asia Pulp & Paper Co., Ltd.,APPと略称する)が率いる。
  シナールマスグループの主導企業となるAPPは、インドネシアや中国などで20社以上のパルプ会社、製紙会社及び100数万ヘクタールの短期成長林を持ち、総資産が100億ドル以上、世界製紙会社トップ10に列し、アジア地域(日本除き)で規模最大の紙パルプ産業グループとなっています。中国での総資産が770億人民元、投資業務が中国の江蘇、浙江、広東、海南などで展開し、20社以上の現代化大型紙パルプ企業と営林場を設立しました。年間生産能力が約700万トンあります。2008年に中国で売上げを358億元以上実現し、社員数が3.2万名以上となります。
  2.金融業では、商業銀行、保険、証券、投資、クレジットカード及びリースなど分野に投資しています。インドネシア国際銀行(Bank International Indonesia、BIIと略称する)は、グループで金融業における投資活動の旗艦となっています。
  1993年にBIIは中国寧波で投資して寧波国際銀行を設立しました。その後、1998年12月上海で寧波国際銀行上海分行を設立しました。2008年12月31日まで、寧波国際銀行の総資産が281億ドルとなります。
  3.農業及び食品加工業における投資業務は、主にシンガポールで上場したアジア食品及び不動産有限会社(Asia Food & Properties Co. Ltd.、AFPと略称する)が実施されます。AFPは、50社以上の工場、約100社のリセル会社を有して、投資業務がインドネシア、シンガポール、マレーシア、中国とアメリカなどで展開して、社員数が60000名以上、総資産が350億人民元(70シンガポールドルに相当する)を超えています。
  AFPはインドネシア最大のパーム油生産会社の一つで、世界で一番大きい私営棕櫚農園を有します。
  現在、AFPは中国で資産が約10億ドル以上です。農業分野では、最大の総合油糧種子加工業務を持っています。それは、ドック、ストレージ、脂肪種子の圧搾、菜種油精製と貿易など業務を含みます。寧波では、圧搾工場2社、精製工場1社とドック及びストレージ設備を設立しました。珠海にある精製工場の年間生産能力が、大豆圧搾120万トン、菜種油とパーム油精製38万トンです。主に大豆ミール、大豆油とパーム油の生産に従事し、グランドスラム食用油ブランドを持っています。今マーガリン、ショートニング、プロフェッショナルオイルと小型パッケージ工場を拡張しています。食品分野では、AFPが5個の生産拠点と41社の販売支社を設けて、中国一番のインスタントラーメンメーカーの一つです。年間インスタントラーメンとスナック麺を16億包み生産し、‘大衆麺’、‘華豊2000’と‘掌上脆’インスタントラーメン及び‘グランドスラム’食用油などブランドは誰でも知っています。
  そのほかに、AFPの不動産部及びその子会社が不動産業にも投資しています。
  シナールマスグループの不動産は、インドネシア、シンガポール、アメリカと中国に分布しています。その内の中国プロジェクトは、上海にある50階立ての外灘センター、中山広場、及び寧波シナールマスセンターなどあります。
  1994年AFP不動産部が、中国で不動産を投資するようになりまして、上海で3.8億ドルを投資して、有名な‘外灘センター’を建設しました。その外の投資建設プロジェクトは、寧波にある寧波シナールマスセンタービジネスビル、寧波ビジネスドックと凌江名庭ビルなどです。
  当今、シナールマスグループは、中国での総資産が100億ドルを超えています。

 
  SU-ICP-05031677  
Copyright ® 1996-2011 Gold Huasheng Paper (SuZhou Industrial Park) CO.,Ltd Inc. All rights reserved.